事業運営には風評被害対策が不可欠!対策の必要性を解説

事業運営には風評被害対策が不可欠!

インターネットが身近になった現代では、商品・サービスの購入・利用を考えたときにまずインターネットで検索してみる人がほとんどです。検索と同様に、自由に意見を投稿する場としても使われ、時にはネガティブな口コミが投稿されることもあります。

ネガティブな口コミは一意見にとどまらず、風評被害を起こし、様々な影響を及ぼすでしょう。そこでこの記事では、風評被害とは何かとともに、対策の必要性や具体的な対策を解説します。ネガティブな投稿に悩んでいる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

インターネット上で自社の評価を見たことがありますか?

唐突な質問になりますが、インターネットで自社の評価を検索したことがありますか?個人であれば、自分自身のことを検索するエゴサーチをする人が多いですが、企業ではあまりしていないことも多いでしょう。

芸能人や一般の方がエゴサーチをするのは、自身の評価が気になるということももちろんですが、自分の評価に気づき、未然に炎上やトラブルを防ぐといった効果もあります。

企業にとっても同様で、「悪い評価があったらどうしよう」と考えてしまいがちですが、意見そのものがネガティブでも、事業・商品の改善に役立てたり、意見に誠実に対応しイメージをアップさせたりするなど、向き合い方次第でプラスにすることも可能です。

風評被害を防止するという面では、ネット上で自社がどのように言われているかをまず知らなくてはいけません。口コミ・評判を知った上で、風評被害になりうるものを対処したり、悪い評価が出ないように改善したりするなどの対策が必要です。

風評被害とは

風評被害とは

風評被害というと、何となくネガティブな投稿・口コミによる影響と捉えている方も多いでしょう。そのような意味もありますが、具体的に風評被害とは何かを理解している方は少ないかもしれません。まずは風評被害とは何かをしっかり理解しておきましょう。

根拠のない噂やデマによる経済的な被害

風評被害とは、根拠のない噂やデマによる経済的な被害のことを言います。根拠のある評判・口コミなどによる影響は風評被害には含めません。

例えば、商品・サービスに不満を持った顧客が実際には起きていないことまで口コミを投稿したとします。その口コミを信じる人が出てきてしまい、売上が落ちたり、返品が相次いだりすると、企業に大きな損失を与えるでしょう。

風評被害の種類

風評被害と一口に言っても、様々な種類があります。主な風評被害の種類は以下の通りです。

・口コミサイトやSNSなどに書き込まれるネガティブな情報
・メディアによる誇張した報道
・統計データによる誤解
・噂

インターネットやSNSなどネット上のネガティブな情報の他にも、メディアの報道や統計データ、噂など様々な形で根も葉もない悪評が広がってしまうおそれがあります。人づてに伝わった噂がネットに投稿される場合もあるでしょう。常にアンテナを張り、風評被害の種を未然に摘むことが求められます。

なぜ風評被害対策が必要なのか?

なぜ風評被害対策が必要なのか?

風評被害の元となるのは、根拠のない噂やデマです。事実ではないから何も問題はないかと言われるとそうではありません。根拠がなかったとしてもネットで様々な憶測が生まれ、大きな被害につながる可能性があります。なぜ風評被害対策が必要なのか、その必要性を解説します。

企業の利益や評判などに悪影響がある

風評被害が広がると、企業は大きなダメージを受けてしまいます。商品・サービスの売上の低下といった利益への直接的なダメージだけではありません。企業・ブランドイメージの低下によって、取引先や顧客、株主にもネガティブな印象を与え、将来的な利益を失うことにもなります。企業の評判に敏感な求職者にも伝わってしまえば、採用活動に影響が現れ、人材不足にもつながりかねません。

個人の社会的評価の低下、精神面などにも影響を及ぼす

個人を攻撃したネットの評判・口コミは、組織における個人にも多くの影響を及ぼします。社内での評価の低下や待遇の見直し、解雇などが起きてしまうかもしれません。本人にとっては事実のないもので評価を下げる状況に精神面の負担がかかるでしょう。人材を守り、適切に評価するためにも風評被害対策が必要です。

風評被害を防ぐ具体的な対策

風評被害が一度起きてしまうと、企業はもちろん、企業に関わる個人にも大きな損害を与えてしまいます。では、風評被害を防ぐためにはどのような対策が必要になるのでしょうか?具体的な対策を4つご紹介します。

ネットのモニタリングをする

風評被害を防ぐために、まず実践したいのがネットのモニタリングです。口コミサイトや求人サイト、SNSなどでネガティブな情報をいち早く察知できれば、火種を潰したり、対策を講じたりできます。これまで自社の評価をリサーチしていなかった場合は、リサーチを習慣づけましょう。

公的機関などに相談する

風評被害は、自社で解決できない場合は、公的機関に相談することも可能です。サイバー犯罪相談窓口やインターネット違法・有害情報相談センターなどが主な公的機関であり、風評被害の解決を手助けしてくれます。

事実ではないことを公に発表する

明らかに事実ではないことが広がってしまっているなら、真実を公に発表する方法が有効です。ホームページでの周知やマスコミに情報提供するなど、声明を発表しましょう。伝え方次第でかえって炎上するリスクもあるので、内容・方法には注意が必要です。

弁護士に依頼し法的措置を検討する

明らかに違法性があるものには、弁護士などに依頼し法的措置を検討するのも方法のひとつです。然るべき対処をすることが示されれば、今後の風評被害の防止にもつながるでしょう。ただ、声明文と同様に、法的手段の固執しすぎると反感を買うおそれもあるので、慎重に検討・手続きを進める必要があります。

こんな方は是非サブクエにご相談ください

こんな方は是非サブクエにご相談ください

風評被害対策のひとつとして、ネットのモニタリングに効果を期待できます。Web定額サービス「サブクエ」では、低コストでWebページを作成するだけでなく、マーケティングサービスとしてインターネット上の情報収集・解析も行っています。

そのため、ネガティブな投稿・口コミのモニタリングを自社で行うことが難しくても、情報を得ることができ対策を講じることが可能です。

以下のような悩みを持っている方は、ぜひサブクエにご相談ください。

・SNS上でどんな評価をされているのか調べてほしい
・口コミサイトで悪口を書かれているがどうしたらいいのか分からない
・googleのレビューに悪口を書かれているがどうしたらいいのか分からない
・転職系サイトに悪口を書かれているがどうしたらいいのか分からない
・今後クレーマーからの悪質な書き込みをされた時に被害が出ないように対策しておきたい


製作費無料のWEBサイト定額サービス サブクエ

合同会社 Okamachi

〒700-0955 岡山県岡山市南区万倍148-35 TEL:086-289-7218



©サブクエ All Rights Reserved.